営業時間・定休日
営業時間

9:30 ~ 18:30

 
定休日

毎週火曜日(月の最終日および祝祭日が火曜の場合は営業致します。)

 
電話番号

042-352-3111

 
 
住所

〒183-0031

東京都府中市西府町2-21-1

リクルート

スタッフブログ

掲載内容は公開日現在のものとなっております。
   
2017/08/16  おすすめ情報  サービスアドバイザー 松本 寛之
ラングラーの「ヒルスタートアシスト(HAS)」と「ヒルディセントコントロール(HDC)」
松本 寛之 / マツモト ヒロユキ
[サービスアドバイザー]
 
ラングラーと言えばジープのアイコン的存在。
今風のデザインになりましたが、それでも軍用車時代からのジープのカタチを頑なに守っています。

そのためか、オフロードもどちらかというと力任せ的な印象があり、グランドチェロキーやチェロキーのように電子デバイスの力を借りて走るという印象がありません。

しかし!

ラングラーにも電子デバイスは搭載され、走りをサポートしているのです。
そのひとつが「ヒルスタートアシスト(HAS)」と「ヒルディセントコントロール(HDC)」です。

ヒルスタートアシストは、ヒル=丘を上るためのアシスト機能で、ドライバーがブレーキペダルから足を離してから約2秒間車体を静止させ、アクセルペダルを踏み込む時間を作ってくれます。
このような機能はオフロードのみで有効のように思ってしまいますが、実は日常の走行でも、とても役立つ機能なのです。
例えば、立体交差の上りで、ブレーキからアクセルに右足を移動しているときに、クルマが一瞬下がった経験があるかもしれません。ほんの少し下がっただけでも、感覚的にはかなり下がったような気がするので、少々怖いものがあります。
ヒルスタートアシストは、このブレーキからアクセルに右足を移動する時間(約2秒間)を作ってくれ、その間、車体は坂道でも停止したままなのです。

試しに、上り坂で後ろにクルマがいないのを確認して試してみてもいいでしょう。

そして、ヒルディセントコントロールですが、ディセント=下るの意味の通り、丘を下る際にコントロールしてくれる機能です。
これは上り坂の途中で停まってしまい、そこから下る時、安定した走行が可能になります。
このヒルディセントコントロールがないと、バックギヤだけのエンジンブレーキとフットブレーキで下るしかなく、ブレーキを踏み過ぎるとタイヤがロックしてコントロール性を失って、横に向いたり、最悪の場合は横転の危険性もあります。
滑りやすい下り坂を降りるということはなかなかイメージしづらいですが、例えば雪道でタイヤが滑って上れずバックをする時などは、このヒルディセントコントロールが役に立ちます。

電子デバイスはラングラーのイメージに合わないのかもしれませんが、安全に走るためには必需と言えるでしょう。
 
2017年08月(9件)
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ページ上部に戻る