営業時間・定休日
営業時間

9:30 ~ 18:30

 
定休日

毎週火曜日(月の最終日および祝祭日が火曜の場合は営業致します。)

 
電話番号

042-352-3111

 
 
住所

〒183-0031

東京都府中市西府町2-21-1

リクルート

スタッフブログ

掲載内容は公開日現在のものとなっております。
   
2018/03/22  おすすめ情報  サービスアドバイザー 松本 寛之
グランドチェロキーのエンジンについて
松本 寛之 / マツモト ヒロユキ
[サービスアドバイザー]
 
クルマ選びで気になることのひとつがエンジン。
ラングラー、レネゲード、コンパスと紹介してきましたが、今回登場するのはグランドチェロキー。

グランドチェロキーと言えば、ジープのフラッグシップモデル。
現行モデルは2011年3月に日本で発売開始。
2013年11月、2017年3月と2度のマイナーチェンジを行なってきました。

現在、グランドチェロキーのグレードはラレード、リミテッド、サミット、そしてSRT8の4種類。
SRT8はスポーツモデルで別格と言える存在ですが、そのほかの3グレードは同じエンジンを搭載しています。

搭載エンジンは3.6LペンタスターV型6気筒DOHCのガソリンエンジンを搭載しています。

最高出力は213kW(290ps)/6400回転、最大トルクは347N・m(35.4kg・m)/4000回転。
モデル登場以来から搭載されている信頼あるエンジンです。

そして気になる燃費ですが、
カタログに載っている国土交通省審査値のJC08モード燃料消費率は、
9.6km/Lと、2トン以上あるボディのクルマで、約10km/Lはとても優秀と言えるでしょう。

しかも、燃料はハイオクではなくレギュラーなのです!
アメ車=ハイオクのイメージがありますが、レギュラーでOK!
財布にやさしい仕様と言えるでしょう。

ちなみに2017年3月のマイナーチェンジ前は、
サミットにはV8-5700cc OHVエンジンを搭載していました。
最高出力352ps/5200回転、最大トルクは53.0kgm/4200回転を発揮する魅力あるエンジンでしたが、
マイナーチェンジの際に、V6-3600ccエンジンに変更となりました。
装備はそのままに約70万円も値下げとなり、さらに魅力あるグレードとなりました。

現行ラングラーと同じエンジンを搭載し、気持ち良い走りを見せてくれるグランドチェロキー。
ぜひ、店頭で試乗してみてくださいね!

 
2018年03月(10件)
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ページ上部に戻る