営業時間・定休日
営業時間

9:30 ~ 18:30

 
定休日

毎週火曜日(月の最終日および祝祭日が火曜の場合は営業致します。)

 
電話番号

042-352-3111

 
 
住所

〒183-0031

東京都府中市西府町2-21-1

リクルート

スタッフブログ

   
2019/03/22  お知らせ   広報担当
ラングラーに2リッターエンジン搭載の「アンリミテッド・サハラ 2.0L」を設定
広報担当
 
 これまでアンリミテッド スポーツには2.0Lエンジンを、アンリミテッド・サハラには3.6Lと、グレードに合わせて搭載エンジンが設定されていましたが、今回アンリミテッド・サハラに2.0Lエンジンを搭載。受注を開始しました。
 なお、納車開始は2019年夏以降の予定となっています。

 アンリミテッド・サハラ 2.0Lが搭載する2.0L直列4気筒ターボエンジンは、ツインスクロール式ターボチャージャーを搭載し、低回転域から高回転域まで優れたアクセルレスポンスを発揮。最高出力は272ps、最大トルクは400Nmと、同クラスをリードする高性能を実現しています。
 燃費性能は11.5km/Lという優秀な数値に加え、経済的なレギュラーガソリンに対応しているエンジンです。

 装備については、LEDヘッドライトや8.4インチタッチパネル付オーディオナビゲーション、地上デジタルテレビチューナー、サブウーハー、レザーシート(フロントシートヒーター付)と充実。

 また安全装備として、死角にある併走車両の存在を知らせるブラインドスポットモニターや、車両周辺の障害物の確認を支援するParkSenseフロント・リアパークアシストなどを標準装備。安全で快適なドライブを楽しむことができます。

 価格は、5,733,720円(税込・税抜価格は5,309,000円)となります。

 詳しくはファイブスター東都ジープ各店までお問い合わせください。

 
   
2019/03/15  おすすめ情報   広報担当
年度末はクルマ購入のチャンスなのです!
広報担当
 
 いつもは新車や限定車、キャンペーンなどをお知らせする広報担当ですが、今回はちょっと趣向を変えて、クルマ購入のお話しをしてみましょう。

 クルマ購入にはいろいろなタイミングがあります。実は今がクルマが一番売れる時期。つまり登録が一番多い月なのです。4月は新生活が始まるタイミング。新しく社会人になったり勤務地が変わったりと、新しくクルマが必要になることが多くなります。

 そして、なんといっても年度末! 自動車に限らず「年度末決算セール!」という言葉を耳にしたり目にしたりすることもあるでしょう。いつもより安く買えたりと、お得なタイミングなのです。特に在庫車がある場合は、通常よりも安く買えるのです。
 そこで、広報担当もいろいろ探してみました。今回オススメするのが「コンパス」。今年1月にマイナーチェンジをしたばっかりなので、まだ2018年生産のクルマの在庫車が数台ありました!

 例えば、リミテッドのレッドといったカタログモデルだけではなく、セーフティエディションのグレー(ミルマルグレーメタリック)や、リミテッドブラックルーフエディションの同じくグレー(グレーマグネシオメタリック)、ナイトイーグルのレッド(エグゾティカレッド)など、マイナーチェンジ前の仕様ですがあります。
 価格も特別価格にて販売!
 詳しくは各店舗へお問い合わせください!

 
   
2019/03/07  おすすめ情報   広報担当
チェロキーに「ロンジチュード」と「トレイルホーク」が追加設定! 3月9日より発売を開始します!
広報担当
 
 去年(2018年)10月にマイナーチェンジを行なったチェロキーに、ベースグレードの「Longitude(ロンジチュード)」と、高いオフロード性能を誇る「Trailhawk(トレイルホーク)」の2モデルが追加。

 3月9日(土)から発売を開始します。
 2018年10月のマイナーチェンジでは、フロント周りを中心とした大幅なデザイン変更や、ライト類のLED化を行ないました。これによって、ジープのフラッグシップモデルであるグランドチェロキーに通ずる精悍な外観となりました。
 この時にラインナップされていたのが、豪華な装備が充実の「リミテッド」と導入記念限定車の「ロンジチュード・ローンチエディション」の2モデル。
 今回「ロンジチュード」と「トレイルホーク」の2モデルを追加して、ベースモデル車~豪華装備車~オフロード車と、より幅広いお客様の要望にお応えします。
 今回のマイナーチェンジではエンジンも新しくなっています。
 ロンジチュードには、改良された2.4L直列4気筒マルチエア2エンジンを搭載。最高出力177ps、最大トルク229Nmを発生し、パドルシフト付9速ATが組み合わされます。
 START&STOP機能の採用やエアインテークの改良により、10.2km/L(JC08モード)の燃費性能を達成。また、エンジン振動の低減や静粛性の向上も図られています
 リミテッドとトレイルホークには、従来の3.2L-V6エンジンに代え、新設計の2L直列4気筒ターボエンジンを搭載。ツインスクロール式ターボの採用により、低回転域から優れたレスポンスを実現し、従来のV6エンジンに比べて最高出力は同等の272psですが、最大トルクは85Nm増となる400Nmを発揮します。
 また、ターボエンジンにもかかわらずレギュラーガソリンに対応。燃費は10.4km/L(JC08モード)と経済性に優れています。

 このほか装備については、Apple CarPlay/Android Autoに対応した第4世代のインフォテインメントシステムUconnectや、両手がふさがった状態でも足先の動作だけでリアゲートを開くことができるハンズフリーパワーリフトゲート、歩行者検知機能を付加したクラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付きの前面衝突警報が、すべてのモデルに標準装備されています。
価格は以下の通りになります。
●ロンジチュード:4,290,000円(税込み・税別は3,972,222円)
●リミテッド:4,790,000円(税込み・税別は4,435,185円)
●トレイルホーク:4,840,000円(税込み・税別は4,481,481円)

詳しくはファイブスター東都・ジープ各店へ。
皆様のご来店、お問い合わせをお待ちしております。

 
   
2019/02/28  お知らせ   広報担当
オススメ「ジープ・コンパス ナイトイーグル」!
広報担当
 
 ジープ購入の時、チェックして欲しいのがカタログモデルだけではなく限定車。先日発表となった「コンパス・モハベ・サンド・エディション」もそうですが、ジープ各モデルには、そのテーマに合わせてボディカラーや仕様、そしてお買い得な価格設定など、カタログモデルにはない魅力的な限定車が発売されています。

 その中でファイブスター東都がオススメしたいのが、昨年登場した限定モデルの「ジープ・コンパス ナイトイーグル」。

 ブラックルーフを備える「ロンジチュード」をベースに、精悍な印象を与えるブラックのアクセントカラーを内外装に採用。そして、上級グレード「リミテッド」と同一の安全装備を搭載したモデルなのです。

 まずエクステリアは、ブラックフロントグリルやブラックウィンドウモールディング、18インチブラックアルミホイールなどを装備。

 インテリアは、ピアノブラックインテリアアクセントやナイトイーグル専用シート、運転席4ウェイパワーランバーサポートを装備しています。

 このほか安全機能としては、上級グレードに装備している前面衝突警報や、ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション、LaneSense車線逸脱警報プラスなどを採用。安全性を高めています。

 このコンパス・ナイトイーグルですが「エグゾティカレッドC/C」をご用意しました。カタログモデルにも同色はラインナップしていますが、ナイトイーグルは装備が充実!

 ぜひみなさまのお問い合わせをお待ちしております。

 
   
2019/02/28  お知らせ   広報担当
コンパスに、限定車「Compass Mojave Sand Edition(モハベ・サンド・エディション)」が登場!
広報担当
 
 ジープのコンパクトSUV「Compass(コンパス)」に、限定車「Compass Mojave Sand Edition(モハベ・サンド・エディション)」が登場!
 3月9日(土)から発売を開始します。

 このコンパス・モハベ・サンド・エディションは、エクステリアカラーに、コンパスとしては初採用となるベージュ系のMojave Sand C/C(モハベ・サンド・クリアコート)を採用しました。

 モデル名の由来となったモハベ砂漠は、米国南西部のカリフォルニア州、ユタ州、ネバダ州、アリゾナ州をまたぐ広大な砂漠です。この限定車は、そのサンドカラーをモチーフとしました。それは未踏の地を切り拓くジープの冒険心が表現されたカラーリングと言えるでしょう。

 また、ベースモデルである「Longitude(ロンジチュード)」の特徴的なブラックルーフとのコントラストと相まって、より一層引き締まった印象を与えています。
 インテリアは、エクステリアカラーを基調としたベージュとブラックのツートーンの配色により、上質な空間を演出しています。
 なおこの限定車は、2019年1月に仕様変更が施されたコンパス・ロンジチュードがベース。

 そして、クラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付きの前面衝突警報や、LaneSense車線逸脱警報プラス、ParkSense縦列/並列パークアシスト、Parkviewリアバックアップカメラ、アダプティブクルーズコントロールなど、ドラーバーを支援する数々の安全機能や装備の充実が図られています。
 コンパス・モハベ・サンド・エディションは、内外装に特別なカラーを採用しながらも、車両価格はベースモデルから据え置きの3,690,000円(税込・税別は3,416,667円)となっています。
 
2019年03月(9件)
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
ページ上部に戻る